迷走中の感想日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔弾の王と戦姫 第二話 「帰還」

<<   作成日時 : 2014/11/26 03:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あらすじ
エレンの捕虜となったティグルは、決死の覚悟で潜入してきた老臣バートランと再会。
ブリューヌの有力貴族テナルディエ公爵の軍が、故郷アルサスに侵攻を開始したという事実を知る。
急ぎ故郷へと帰還しようとするティグルだったが、その前に立ちはだかったのはエレンだった。
エレンは、ティグルの捕虜という立場を無視した行動よりも、無計画にテナルディエに立ち向かおうとする姿勢に疑問を投げかける。
その問いかけにティグルが導き出した答え、それはエレンの想像を超えたものだった。
「頼みがある――兵を貸してくれ!」

レビュー
いかにもダメ息子が出てきたwww
なんでこう一番のトップの息子ってこうダメなやつらばっかなんだろう。
やっぱり玉座が約束されてるのとちやほやされた結果?

味方というか同じ国内にも敵がいるってティグルは大変だな。
このままだと捕虜になってるうちに領土まで取られて何もなくなる危険。
だから領地に帰るって言ったのか。
けど、捕虜になった時点で領地なんてもうないようなもの。
ちょっと領地を守ってからまた戻ってくるって誰が信じられるんだよwww

敵国に兵を借りるって、また思い切ったことを。
エレンもこうなるように誘導するかようにしてたんだろうな。
意味ありげな挑発をしてたし。

エレンと勝負か、部下になるかの予想だったのか。
予想に反して兵を貸してくれ。
まさか捕虜が抜けぬけとそんなことを言うなんて誰も予想しなかったのもしょうがないだろ。

兵を貸す代わりにアルサスをエレンの支配下に。
結果的にジスタート王国になるのか。
まあエレンなら支配下にした領地の扱いに酷いことはしないだろ。

ティグルの軽装ってのは装備が弓矢だからまあわからんでもないけど、エレンの露出の高い服はなんなんだ?
強いからってことなんだろうけどちょっと無防備すぎやしない?
しかし最初に見たときから綺麗だと思ってるってサラッと言うティグルって(;´Д`)
エレンもチョロインすぎるwww

ブリューヌ王国内もグダグダやな。
一人息子を失って廃人になった国王にその座を狙う臣下。

一応は神殿には襲わないって常識だけはあるんだ。
クズっぽそうだから容赦なく向かうのかと思ったわ。

メイドちゃん、幼馴染か。
というか乳母の子とかなんだろうな。
だから子供の頃から一緒に居る。
思い入れが強いかもしれないけど、弓もって避難した方がよかったんじゃね?
ティグルが来るのが間に合わなかったらティッタは襲われ、弓は破壊だろ。
一番最悪なパターンや。

さっさと襲わないからティグルが来ちゃったよ。
まあ来ないと思ってたからのんびり襲ってたんだろうけど。

飛んでくる矢を素手で止めるとか、何もんだよwww
しかもその矢で射殺すとか。
名手ってだけで片付けていいのか?
実は何かの精霊に見初められてるとかの展開にならないよね。


タイトルの漢字をカタカナで呼ばせるMF文庫J特有の中二くさいタイトルの割りに2話目もまともだ。
このままただのハーレムアニメにならないことを祈ろう。

迷走中の感想日記TOPへ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

2015年
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014年
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013年
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012年
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011年
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010年
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009年
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008年
6 7 8 9 10 11 12
魔弾の王と戦姫 第二話 「帰還」 迷走中の感想日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる