迷走中の感想日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 屍姫 玄 第24話 「一〇八の嘘」

<<   作成日時 : 2009/04/03 23:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

縁が切れると滅ぶか屍化するのか。
全員が全員屍になるのかと思った。
しかも、すぐにはならないのね。
すぐになったら、光言宗は速攻壊滅ですな(笑)

屍姫が若い女性にしかなれないのは、
開祖が自分の娘を甦らせようとして編み出した術法で、
開祖の娘と同じ年頃、星巡りの少女以外は屍姫には出来ない。

やはり、今までに女の子しかいなかったのは偶然じゃないのね。
しかし同じ年頃って、サキとミナイが同じ年頃には見えないんだが。
ひょっとして、ミナイって思ったより若いのかな(笑)

赤赦の元屍姫は幼馴染であり、恋人である響。
病死した恋人を屍姫にしていたのですね。
赤赦「108の屍を倒した屍姫は、それまで保っていた理性を失い、未練も執着も無くなり、破壊の屍になるんだ」
光言宗の隠していた真実。
不死の破壊の屍か・・・。
恋人を成仏させるために戦っていたのに、成仏させることも無く化け物として永遠を生きる。
響は理性を失って他の屍姫や契約僧を殺し始めたので、
自らの手で響を攻撃し、止めるしかなかった。
・・・光言宗を敵とみなしたくなりたくなりますね。
なんという集団なんだ。
シオウが屍を嫌っていたのは、永遠に破壊の屍となる屍姫を憐れんでいたからなのね。
結構いいやつだったのか(笑)


サキ「あなたと私は何?」
莉花「友達、かけがえの無い」
サキ「そうよ。だから、あなたと私は結ばれている。
触媒がどうであろうが!それは、変わらない!!」


サキ・・・体は子供、頭脳は大人な考えでかっこいいですよ。
契約僧と屍姫の縁の強さが見えるシーンですね。
ずっと一緒に戦っていれば、情も育みますよね。
それが友情であり、愛情であり。
伊佐木は・・・生きていたとしても育まれたかは不明ですがね(笑)

マキナとオーリの縁が深いのかどうかが、今までの描写からでは不明なんですが・・・。
オーリは最初からマキナへの愛情はありまくりだったけど、
マキナ→オーリへの縁の強さは、景世には敵わない程度のはずなんだけど・・・。
景世>>>越えられない壁>>>オーリ こんな感じじゃなかったっけ?
そういえば、いつの間にか何かと景世、景世言っていたのがなくなってんだけど、
北斗に痛めつけられてる内に景世への未練は断ち切ったのかな?
この辺の描写がいまいち弱いなー。

そして、次回は最終戦。
って、あれ?
七星ってまだ残っていなかった?
トーヤとかもう一人じいさんがいなかったっけ?
じいさんは名前もよく知らないくらい出番が無いような・・・。

今回の一言

赤赦が主人公の物悲しい話数ですな・゚・(つД`)・゚・

今日もどこかで迷走中。 TOPへ

Figma 屍姫 星村眞姫那
Max Factory
2009-04-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ






屍姫 赫 第一巻【通常盤】 [DVD]
キングレコード

ユーザレビュー:
頼むからお願いします ...
私は面白いと思ったの ...
今からでも声優の差し ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
屍姫 玄 第24話 「一〇八の嘘」 迷走中の感想日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる